よくあるご質問

Q&A

質問 コロナウイルスなどのウイルスには有効ですか?
答え

OXシリーズは、複数のウイルスに対して有効なエビデンスがございます。現在流行中の新型コロナウイルスに対しては、厚生労働省が製品評価技術基盤機構(NITE)の評価試験を受け、拭き掃除には80ppm以上、掛け流しには35ppm以上を使う事が望ましいとし、以下の注意事項も合わせて発表しています。

①汚れ(有機物:手垢、油脂等)をあらかじめ除去すること
②対象物に対して十分な量を使用すること
③20秒以上時間をおくこと

OXシリーズはスプレータイプですので、80ppm以上のOXシャワーをお勧めします。

質問 手の消毒に使えますか?
答え

次亜塩素酸水は医薬品等ではございませんので手指へのご使用を法律上(薬機法)お勧めすることができません。商品の特性上、手指など肌にかかることも想定されますが、人の肌に近いph5.2-5.8の微酸性です。さらに、有機物と接触すると素早く反応して水に戻り成分が残留しませんので、万が一誤って肌に触れても安全性の高い商品です。

質問 他社には500ppmや1000ppmがありますが、濃度が高い方が良いのですか
答え

他社の「次亜塩素酸500ppm」などとして販売されている商品は、従来の一般的な製法 (電気分解や2液混合)で作られた次亜塩素酸水であると考えられます。それらの次亜塩素酸水は、精製直後からすぐに分解が進み、除菌に必要な塩素濃度が減少していきます。そのため、お客様の手元に届いたときに有効濃度を維持しておくためにも高濃度(希釈タイプ)で販売せざるを得ないというのが実情です。また、希釈の水に含まれるミネラルにも反応して劣化が進んでしまいます。これでは除菌に適切な濃度で使用することが困難です。 一方OXシリーズは、特許技術で作られた「長期保存型次亜塩素酸水」。成分が安定しており、有効濃度が下がりにくい性質です。したがって高濃度で製造する必要がなく、製造時50ppmでも十分な効果を維持できます。希釈も不要で、そのまま使用できます。

上記理由により、濃度で判断するのはリスクが伴う場合もございますので、製品の製法や性質をよくご覧になりお選びいただくことをお勧めします。

質問 市販の携帯容器に詰め替えて持ち歩けますか
答え

遮光性のある清潔な容器でしたら詰め替え可能です。次亜塩素酸水は紫外線に弱く、有効成分が劣化してしまうため遮光性のあるボトルをご利用ください。また、金属への腐食は水道水同等のレベルですが、金属容器に錆があると著しく劣化しますので金属容器は避けてください。

質問 マスクに直接かけて使えますか
答え

ご利用いただけます。ただし、揮発性は無い為マスクが濡れてしまいます。また、噴霧直後は、若干の塩素臭もしますので、乾いてからお使いください。

質問 除菌力は続きますか、その瞬間だけですか
答え

噴霧後直ぐに反応し分解されますので、除菌力が持続するものではありません。

質問 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いは何ですか
答え

次亜塩素酸ナトリウムは、プールや水道などの消毒に利用される塩素系漂白剤の成分で、CIO-が大半を占めています。除菌力はありますが反応速度が遅く、いつまでも塩素臭が残るのが特徴です。 次亜塩素酸水は、主成分の大半がHCIOで、菌の細胞膜をも瞬時に破壊する優れた成分です。除菌力と安全性が高く、低濃度で様々な細菌類、ウイルスに反応します。

質問 OXシリーズは他の次亜塩素酸水と何が違うのですか
答え

一般的な次亜塩素酸水は製造後の劣化速度が早く、保存が難しいのですが、OXシリーズは特許技術を用いた製法により劣化速度が遅く、有効塩素濃度が下がりにくいため品質保持が可能です。そのため、医療や介護現場、幼稚園・保育園などさまざまな所で導入されています。

質問 OXミスト(50ppm)とOXシャワー(100ppm)はどう使い分けたらよいですか
答え

どちらも優れた除菌・消臭力がありますので、日常的な除菌・消臭にはOXミスト(50ppm)で十分な効果が期待できます。より菌や臭いの元となる成分が多いもの、使用面積が広いものなどへはOXシャワー(100ppm)のほうが濃度が濃い分、反応スピードが早く、少ない噴霧量で効果が期待できます。利用シーンに合わせてお選びください。

質問 水道水や精製水で薄めて使用できますか
答え

水道水には不純物がございますので反応が進み、濃度が低下します。また水道水のミネラルと反応して白い結晶が残る場合もございます。本品は希釈をせずに使用することを前提とした商品ですが、ご事情により希釈をする場合は、純度の高い純水や精製水を使用し、直ぐに使い切ってください。

質問 加湿器に使うことはできますか
答え

OXシリーズは水道水と同程度の残留塩素の為、お手持ちの加湿器に利用できます。 一番効率よく使えるのは「超音波式」で、次亜塩素酸が劣化せずそのまま噴霧できます。スチーム式やハイブリッド式は熱が発生するため向きません。気化式は水を含んだフィルターに風を送る事により加湿するため次亜塩素酸がフィルターに反応してしまいますが、超音波式の次に効果が期待できます。加湿器で使う場合の有効濃度は50~80ppmです。 ※他社の次亜塩素酸水は次亜塩素酸以外の不純物(NaOH/NaClなど)も多く含むため、故障の原因となりますので使用の際はメーカーへお問合せください。

質問 口に入ると害はありますか
答え

誤って口に入れても害はありませんが飲用・口腔用ではありません。

質問 加湿器での長時間の使用でも人体には影響ないですか
答え

長時間お使いいただいても人体に影響はございません。三重大学 大学院生物資源学研究科 福﨑智司教授よる、次亜塩素酸水の空間噴霧実験において、空間噴霧の有効性・安全性について研究成果として公開されています。また、様々なエビデンス、安全性データ取得の元、原料メーカー実績を含め既に80万L以上、業務用として環境清掃・空間衛生として使われていますが、人体への影響に対しての報告は1件もございません。

質問 アロマ加湿器に入れて使用できますか
答え

有効成分がアロマと反応し、除菌効果が期待できなくなる可能性がございますのでお勧めしません。

質問 漂白、色落ちの心配ありますか。衣服にも使用できますか
答え

ほとんどの布で漂白性はありませんが、使用する場合は念の為目立たない箇所で確認後ご使用下さい。(新品のタオルや洋服は糊がついており反応して色落ちすることがあります。一度洗濯して糊を落としてからご使用ください。水により色落ちする素材の商品にはご注意ください。)

質問 使えない素材はありますか
答え

革製品など、水に弱い素材には使用できません。

質問 金属腐食はありますか
答え

OXシリーズはPH5.2-5.8の弱酸性です。水道水と同程度の腐食性ですので、通常の使用では腐食はしませんが、水滴が生じる場合などはふき取ってください。

質問 防カビ効果はありますか
答え

カビの発生は防げますが、今あるカビを除去できるものではありません。

質問 空気中に浮遊するウイルスにも有効ですか
答え

有効です。

質問 ペットに直接つかえますか
答え

大変安全な成分ですので害はありませんが、医薬品等ではない為推奨できません。